読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありチャンネル

たのしいを記録していく日記!

so happy !

芸術って身近だね、それと朝の時間って素敵だよね!のお話

植物と自然と 大好きな人たちのお話 卒論

今朝は芸術について考えていたところでした!(卒業論文のテーマでもあります)

朝のブログでも更新!( 33記事目。卒論のお話: http://a-richannel.hatenablog.com/entry/2016/10/19/065548 )

 

f:id:a-richannel:20161019100040j:image

朝の涼しい時間に考え事をするのは、とても素敵な気分になります。

そういえば、昨日はバイト先へ出勤途中に大きな虹を見て感動しました!!

 

f:id:a-richannel:20161019100045j:image

空と虹はいつ見ても笑顔にさせてくれるから不思議。( この写真で見ると迫力が伝わるかもしれませんんんん〜!)

 

晴れているのに、少しの雲からパラパラと雨が降ってきてた昨日の朝。

きっと虹でそうだね〜〜〜!と探していたら!

 

通りかかったお家の前で、おばあちゃんとお孫さんが空に向かって指を指していて。

( 向こうに虹があるんだ!!と確信する気持ちと、映画の1シーンのような温かい光景に出会えたあの瞬間は、こう、自然と笑顔になれて。素敵な瞬間に会えてよかった!早起きって素敵!! )

 

f:id:a-richannel:20161019100316j:image

話は少しそれて、朝早起きする習慣がついてきたこの頃。

( 早起きすると、こんな大きな葉っぱも見つけました )

 

間違えて、朝出勤してしまったった日もありました(笑)

それはそれは、また素敵な日で。( バイト先のカフェが好きすぎて、その日は朝活をしてきました。 )

カフェで朝の3時間を、好きな本と、好きなココアと一緒に過ごしてみて。

朝、カフェに来てくれる人たちは、こ〜〜んなに素敵な時間を過ごしてるんですね。

ゆったり、好きなことに没頭できる時間🐠

 

私がそのとき読んだものが「ササラダニ」の本。

 f:id:a-richannel:20161019100628j:image

昨日のブログには、この本から吸収した内容をめもめも。( 32記事目。ササラダニに出会ったお話: http://a-richannel.hatenablog.com/entry/2016/10/18/180858

 

朝活いいな〜

 

そんな素敵な朝の時間に、今日考えたかったことは「芸術について。

 

goo国語辞書( http://dictionary.goo.ne.jp/jn/66566/meaning/m0u/ )によると

 

1 特定の材料・様式などによって美を追求・表現しようとする人間の活動。および、その所産。絵画・彫刻・建築などの空間芸術、音楽・文学などの時間芸術、演劇・映画・舞踊・オペラなどの総合芸術など。「―の秋」「―品」
2 学芸と技術。

と載っていて。

 

つまりは、美しさや自己表現をする姿勢のことを「芸術」と呼ぶのかな〜〜。

そして、その所産 ー 頑張って作り上げたものすべて ー を称えているのかも。

 

文部科学省のHPには、第7章「文化芸術立国の実現」と題して、芸術活動の推進や人材育成にも取り組んでいるらしい。

http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpab201201/detail/1324653.htm )

詳しくチェックしてみなくては!

 

あと、芸術の分類については、文部科学省によると( http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/05122201/006/004/010.htm )

1. 美術関係  2. デザイン関係  3. 音楽関係  4. その他  に分類されていたのだけれど

 

( あとね、信用できるかどうかは分からないけれど http://www.karakusamon.com/2014k/geijyutu_taikei.html

唐草図鑑というHPに、芸術を空間と時間の2つに分けて考える二分法や、

7つの分類で身の回りの芸術について分類したものなど。大きく、簡単に、見やすい分類をしたものを見つけたのでとても気になっています。

このHPをみてさらに思ったのは、「芸術」と一言でいっても、

古代、近代、現代、etc…これまでの芸術の存在も無視できない感じがしてきた〜〜〜!

その部分についても調べてみようっと。

 

あと、ついこの間のfacebook上で話題になっていたニュースがあって。

それが「ピカソの30年と30秒」のお話( TABI RABOより:http://tabi-labo.com/181228/picasso-price

30秒で描き上げた絵、それは今まで積み重ねてきた30年の努力がないとできないわけで。

でもでも、この努力の積み重ねは見えていないことがほとんどで。

かかった時間や、出来上がりの表面上だけで評価されやすいのかもしれません。( 頑張ってるところが見えないわけなので 涙

 

例えば私には、はるちゃんというお友達がいて!

はるちゃんはラートが大好きで!

ブログで練習している様子やお話も!ラートについてたーくさん見て、聞いていました。

(はるちゃんのブログより「「ラート」ってご存知ですか?(好きになってもらえたら嬉しいです。)の話。」:http://www.pidakaparuna.space/entry/2016/05/18/204422

 

その過程があったためか、

はるちゃんの大学生活最後の大学祭でのラート披露は歓喜余る喜びと感動があって。と〜〜っても素敵な時間でした。

はるちゃんが演技しているところを見てね、「ああ、この前はラートのこんな話をしてくれたな」とか「ブログからも、はるちゃんラートが好きで、その好きがいっぱいだったな」とか

これまでの情報が一気に頭の中の記憶からあふれ出してきて、

嬉し泣きと感動と、もう涙が止まらなかったのを覚えています。

そしてそれは、はるちゃんを知っているお友達は皆嬉しくて嬉しくて。いっぱいいっぱいだったんじゃないかなと思います。

 

f:id:a-richannel:20161019204236j:image

これは学園祭最終日の最後の時間!ラートを体験させてもらいました!

素敵な時間。本当に素敵な人ですはるちゃん

 

でね、はるちゃんの演技を生で初めて見たとき思ったことがあって。

「うん。私。はるちゃんがラートで全国、そして世界で活躍していても、多分驚かないな」って(笑)

はるちゃんが「公演するよ!」ってなったら「驚き!」よりも先に「いついつー!絶対行くね!!!」って私は声をかけるんだろうなと思っていて。

 

はるちゃんに使うお金なら、なーんにも躊躇しないな!って。

そんな気持ち!

 

長くなったけれど、言いたいのは

その人自身の頑張っている姿を見て、そして感動をもらえた人は、そこに価値をすっごく感じるんだな!という事。

 

なんて素敵なんだろう。

私もこんな素敵なはるちゃんに憧れるよ〜〜✨

 

でね、もう1人ブログをしているブログ仲間の教授さんも!すごいんです。

本はたーくさん読んでいるし、

なかなか言葉にできないモヤモヤをスッキリ文章にまとめていたり。

購読中なので更新されるとすぐ読めるのでいつも楽しみなんだ〜〜

(これは数時間前の教授さんのブログより「決断に迷っている君へ。〜自分なりの、迷ったときの決断軸をもとう〜」:http://yuto.hatenadiary.jp/entry/2016/10/19/130955

 

よくブログでね、教授さんは本を書きたいと話しているのを見て。ここでも私は思うのです。

( いつも教授さんのブログを読んでて )教授さんがもし本を出版する日がきたとしても、そこには「驚き!」よりも先に「おお〜!!絶対買うね!!どれどれ??」と言うだろうなと(笑)

これまで文章を読んでみて、教授さんが本を書いているイメージがポンっと想像できるから。良い意味でなーんにも不思議じゃなくて!( もっと言えば、作詞家にもなってるのではないか!とわくわくする程です。

 

きっと今までのプロセスを見てきた人は、その人に大きな花丸をあげたくなるというか。

 

(これは芸術でも言えるのではないかと思ってて。)

きっと「芸術が神がかった凄いもの」と感じてしまうのは、それまでのプロセスを見れていないから。なんて感じています。

 

きっと、ピカソの周りでピカソ本人を見てきた人たちは応援していたに違いないし。そして今日ではこんなにも有名な画家になる事も、まったく信じて疑わなかったのではないか。

勝手な主観ですが(笑)そう私は思っています。

 

 f:id:a-richannel:20161019210257j:image

長くなりましたが!芸術のお話をすると話が壮大に広がります。笑

あ〜〜今日も素敵な時間をありがとうございます!