ありチャンネル

たのしいを記録していく日記!

so happy !

はじめてのJavaOne 2016報告会 in Okinawa!

森推しガール、がんばってきました!

「 未知の言葉がいっぱいで楽しかったのと、面白かったのと、ときどき緊張〜 」な1日を記録していきます。

 

 f:id:a-richannel:20161106091315j:image

これは懇親会の様子です!とても素敵な時間だったのと

来年の報告会も参加することと、

LT で intelliJ でできたこと!についてもお話するのと、

intelliJ でがんばって JavaOne2017 に参加する!のと!

 

ワクワクする目標がどーんと増えた1日でした

 

その前に、そもそも「 JavaOneって、なあに?? 」というお話。

javaというプログラミング言語をつかってる( 学んでる )方々にはすっごく有名な、「 javaの世界お祭り 」のようです!

 

今回この報告会の参加を決めて、わたしは初めて知りました。

毎年、サンフランシスコで4000名もの方々が集まって、最新のjava情報や意見交換をおこなってるそうです!

 英語で繰り広げられるこの空間に、わたしも来年飛び込みたいです〜!

( そのためには「 技術面 」もみがいていかなきゃ  ) ( 楽しみながら、自分のペースで勉強していきます🎄 )

 

そしてこのサンフランシスコで開催される「 JavaOne 」に参加した皆さんから

最新の動向を教えてもらおう〜!な感じで、今回沖縄でも開催されたのが「 JavaOne 2016 報告会 in Okinawa 」です

 

 f:id:a-richannel:20161106113134j:image

こーんな映画館のようなステキな空間でお話を聞いてきました!場所:OIST

 

昨日( 2016/11/5 )JavaOne 2016 報告会 in Okinawa の流れはこんな感じ↓

 

12:00 - 13:00 受付

13:00 - 13:10 開会

 

第一部

13:10 - 14:10 基調講演1

発表者: 寺田佳央(@yoshioterada)さん 日本マイクロソフト テクニカルエバンジェリスト

14:10 - 14:40 JavaOne参加報告 (1)

発表者: 平良 星斗さん クオリサイトテクノロジーズ株式会社

14:40 - 15:00 休憩

 

第二部

15:00 - 16:00 基調講演2

発表者: 山本裕介(@yusuke)さん Samuraism Inc. 代表取締役

16:00 - 16:30 JavaOne参加報告 (2)

発表者: 津波古 充健さん クオリサイトテクノロジーズ株式会社

16:30 - 16:50 休憩

 

第三部

16:50 - 17:20 LT x 5

河野 真治さん JavaKueche(琉球大学工学部情報工学科)

古堅 悠さん JavaKueche(クオリサイトテクノロジーズ株式会社)

呉屋 成美さん JavaKueche(沖縄国際大学)

城間 裕樹さん クオリサイトテクノロジーズ株式会社

山本 裕介さん    Samuraism Inc.

17:20 - 17:30 閉会

( スケジュールはJavaKucheの詳細ページからの引用です!:https://java-kuche.doorkeeper.jp/events/52469  )

 

当日の流れを、2行で表すとこんな感じ。 

開会式→寺田さんの講演→平良さんの講演→山本さんの講演→津波古さんの講演

→河野さんのLT→古堅さんのLT→わたしのLT→城間さんのLT→山本さんのLT→プレゼントジャンケン大会→閉会式

( LT:短い時間ですきな話を発表〜な意味です )

 

f:id:a-richannel:20161106121654j:image

開会式

 村濱さん司会のもと、JavaOne報告会がはじまりました〜

 

( 以下、わたしの理解した範囲内で様子を書いていきます!間違えていたら教えてください〜。追加情報などもありましたら、すごく喜びます😇 )はじまり、はじまり〜

 

寺田さんの講演

 なんだかワクワクするようなお話でした!

でも新しく聞く用語がいっぱいだったので、それをチェックしていかなきゃ〜!

JavaEE、GUARDIANS、これがまだふわっとしてる。

 

マイクロ・サービスの話と Cognitive Service( コグニティブサービス )もお話面白かったです。

マイクロ・サービスは、がっちりとシステム(?)を作ってしまうのではなくて、

小さな( そして軽量な )システムをどんどん作っていくことで、1つが壊れてしまっても他のシステムでカバーできるようになった、画期的な方法!システムをストップさせてしまうことなく、進行させながら、壊れちゃったものを直したり改善したりしていく。そんな感じ、でした。

 

よくITは建設業に例えられるが、両者はまったく異なるものなんだよ〜というお話も寺田さんしてくれました!

案をだして、設計して、がっちりと1つのもの( お家 )を作り上げる流れは、完成後に変更や改善が難しいので、その点を比べるとまったく異なるものだといえるみたいです。ITの世界は流れが速くて、対応していくためにはちょこちょこ軽めに作ったほうがいいのかも。なんですね〜

 

来年は就職してエンジニアになるので「 ITの世界は本当に流れがはやいのか??」を体感できそうなので、その辺がワクワクです!

( Cognitive Service はアプリ使ってみてアウトプットしてみます〜!またのちほど! )

 

寺田さんのスライドほしいな〜!ただいま登壇者みなさんのスライド探しているところです( 6日現在 )

 

平良さんの講演

2人目の登壇者は平良さんです!平良さんは実際にサンフランシスコで開催されたJavaOneに行ってみたお話をしてくれました。

内容はSpark☆すっごくおすすめ!という内容でした。Sparkは開発者にも分析者にもやさしいもの、らしく。

( まだ開発者と分析者の用語の意味がしっくりきていないのですが )開発者のように、実際にコードを書いたりプロブラムを作りあげていくことが得意な人がいて。また、分析者のように、全体の動向をつかんで策を練っていくことが得意な人たちもいて。

でも

開発者が→分析者の仕事を全部理解するのはむずかしい

分析者が→開発者の仕事を全体理解するのはむずかしい

なのでその両者にやさしい( どの立場の人でも丸わかり!な )フレームワーク、ってことでしょうか!

 

フレームワークという言葉がわからなくて調べたのですが )必要な骨組みや大まかな準備があるおかげで、○○つくりたい!!ってなったときにすぐに骨組みが手に入るので、完成までの時間短縮になるそうです!

わ〜なんてやさしい仕組みなんでしょう〜〜

そしてSpark☆ は 開発者も分析者も使いやすいツールってこと( なのでしょうか!当たってるかな〜今のところそう理解しています! )

 

山本さんの講演

山本さんの、まずスライドが面白くてそして見やすいスライドでした!JavaKucheの金城さんのスライドみたいに、会話しているようにスライドに表現されてて!

( 皆さんの発表をみてみても、スライドの書き方っていろいろあって面白いな〜〜と思います。)

山本さんがスライドをつくる際に心がけているのが「 話す順番(流れ) 」だと教えてくれました!金城さんや山本さんのように話し口調でLTもプレゼンもしたいですー!腕みがこう!!とおもいます

 

そして話の内容としては

サンフランシスコで開催のJavaOneで登壇するまでの流れと、英語学習法、TWITTER4J と IntelliJ !について

最初はTWITTER4Jについてのお話。これを使うとすっごく便利らしい!!

始めてみたいけれど、、実はまだよく理解できていません😥

しかもメモしていたつもりがTWITTER4Jという名前だけしかノートにメモされていなくて大混乱です。懇親会のときに、山本さんからTWITTER4Jを使えばアリの情報発信のときに1っ箇所でつぶやくだけで様々なSNSで情報発信よ〜的なことを教えてもらったので、使いたいです〜〜( いまネットでも調べてみてます〜! )

 

( そしてそして、TWITTER4Jのあとは )JavaOneで登壇者として応募に受かるまでの過程をお話してくれました!

早めに応募すると確率あがりそうだよ!!^ ^ ということなので私も、とりあえず応募は出してみようと思います。( とりあえずやってみよう、精神! )

 

intelliJ と TWITTER4Jについては次のブログでアウトプットしたいです〜〜!新鮮なお話がいっぱい!! )

intelliJ、いまかいまかと、操作できる日が待ちどおしいです〜〜!\^o^/わたしの中で、ただいま検索ランキング1位の単語です 笑 わくわく )

 

津波古さんの講演

最後に津波古さんのお話です。JavaOneへ実際に行ってみたお話と「 Flame Graphs 」と、について教えてくれました!

これは「 Flame Graphs」の説明で紹介されたページです:http://www.brendangregg.com/flamegraphs.html

内容は、「 自分がつくったプログラム(??)の実行をしてみて遅いな〜と感じたことはありませんか?? 」というお話から、実際に「 プログラム(??)のどの部分が時間がかかっているのか 」を可視化できるようになるのが、この「 Flame Graphs 」 の良いところ!のようです!

 

実際にコードを書いたり、実演してくれていました!

見ためが可視化されることもあってか、これも使えたら面白いんだろうな〜〜と思いました。

特に、あのピラミッドのように積み重なった様子から、なにを読みとれるのかを知りませんでした!わたし

読み取り方が、「 下から順に上へ上へと呼び起こしていって、1番上に積み重なっているものを読んでいる様子。が可視化されている 」「 上にあればあるほど、時間がかかるので、自分のつくったプログラムの起動が遅いのは○○のせいなのか〜と Flame Graphs を使うと分かっちゃう 」ようです!不思議〜

 

( 以上、ここまで分かったことも分からなかったこともいっぱいアウトプットしましたが、、当たってるのでしょうか〜〜!(笑)わ〜皆さんにまた質問したいです〜分からなかったところ。 )

少しづつ、こんな言葉もあるんだ、初めて聞いた!を繰り返してだんだん知ってくスタイルです。森推しガール

全部吸収は無理でした。汗

聞き落とした箇所が、アウトプットしてみるとちらほら。。!!アウトプットしてみて良かった〜〜

 

わ〜がんばろっと!聞きたいことも調べてることもいっぱい!🌲

 

そして JavaOne報告会も終盤〜〜

こちらはLT写真集です〜〜

ーーー

f:id:a-richannel:20161106122106j:image

河野さんのLT

 f:id:a-richannel:20161106122140j:image

古堅さんのLT

 f:id:a-richannel:20161106122145j:image

わたしのLT

 f:id:a-richannel:20161106122151j:image

城間さんのLT

 f:id:a-richannel:20161106122156j:image

山本さんのLT

 

皆さんのLT面白かったですね!会場のみんなで大爆笑でした😊

ーーー

 

そして最後に!!急きょ「 プレゼントジャンケン大会 」が始まりました!!!!

皆さんびっくりです!とてもワクワクな時間でした!

 

 f:id:a-richannel:20161106122218j:image

f:id:a-richannel:20161106122224j:image

 ライセンスをもらえて、嬉しい森推しガールです😳😭💓

 

閉会式

 f:id:a-richannel:20161106122336j:image 

来年はお友だちも誘いたいな〜ぜひ来てほしいな〜という気持ちです😇

 

 

そして最後に!!

f:id:a-richannel:20161106091643j:image

わたしにとって昨日は「 新たなスタートの日 」になった気がします。

1年間の目標もできましたし!

 

ブログの最初にのせた目標です!( 再掲 )

来年の報告会も参加すること。
LT で intelliJ でできたこと!についてもお話すること。
intelliJ でがんばって JavaOne2017 に参加する!こと。

 

叶えたいので再度コトバにしてみました。(*^o^*)

 

たくさんの方々が応援してくれたので、

これからも楽しく自分のペースで頑張っていける気がしています〜〜

 

最後のプレゼントジャンケンのとき、皆さんがこころよく拍手してくれた空間を思い出すと「 楽しみながら、頑張らずにはいられない気持ち 」になりました〜〜

温かい気持ちを、みなさんありがとうございました☀️ぽかぽか

 

これからも森推しガールをよろしくお願いします。